MGSV考察

MGSV 考察 その10「イシュマエルはソリダス?」【旧記事】

MGSV考察その10です!

皆さんのおかげで桁を一つ超えましたww

色々な部分を抜き出して考察と称し考えを書いてきましたが、一本のトレイラーでよくここまで書けたなとww

逆にそれだけ考えられるメタルギアの奥深さ、小島監督の才能に改めて驚いています。

さて、今回はコメントを頂いた「イシュマエル=ソリダス説」が面白かったので、

「恐るべき子供達計画」、「クローン」を中心にMGSVとソリダスについて書いていきます。

多分少し長文になりますww

まず、「恐るべき子供達計画」についてよく分からない方の為に簡単にご説明します。

念の為、未プレイの方はネタバレにご注意ください。

伝説の兵士と呼ばれたザ・ボスを倒し、スネークは「ボスを超える称号」を与えられ最強の兵士と呼ばれたビッグボス

その最強の兵士を複製する計画が「恐るべき子供達計画」です。

発案者はMGS3のスネークの上官である「ゼロ」

友人でもある2人ですが、この計画をビッグボスに無断で行った為に2人は決別しアウターヘヴン蜂起等々へ繋がっていきます。

計画の内容としては被験者の細胞からDNAを含んだ細胞核を未受精卵へ移植。

その後代理母が出産するわけです。

当初、受精卵は8つ子の状態にされ、その後意図的に6つを間引いて2つにしました。

そして、1つには優勢遺伝子を、もう1つには劣勢遺伝子のみを集中させました。

この双子として生まれたのが、「ソリッド・スネーク」と「リキッド・スネーク」です。

(ちなみにソリッドが劣勢のみ、リキッドが優勢のみを集中させました。リキッドは最後まで劣勢遺伝を受け継いだと思い込んでいましたが…)

卵子は日本人の物を使い、代理母として実際に出産したのはEVAです。

そうして生まれた双子は別々の機関に引き取られます。

ソリッドはCIA、リキッドはSIS。

アメリカとイギリスに別れた双子は後にシャドーモセス島で再会することになります。

ここまでがスネークの生まれた「恐るべき子供達計画」の概要になります。

「え?ソリダスってやつは生まれてないじゃん」

という方もいらっしゃるかと思いますので、ソリダスについても少し補足して書きます。

ソリダスはこの時はまだ生まれていません。

双子のスネークが生まれた後に、完全なるビッグボスのクローンとして作られることになります。

遺伝子情報などが完全に一致するため、MGS4ではビッグボスの身代わりとして使われていました。

双子のスネークが遺伝子操作をされたのに対し、ソリダスは一切遺伝子操作を行われていない。

という違いは分かっているものの、具体的にどう作られて生まれたのか等は明らかになっていません。

クローンについてですが、クローンの作り方にはいくつか方法があるようです。

調べた上で書いてますが間違えていたら、ご指摘いただけたら嬉しいです。

まず、双子が生まれた際ですが、「核移植」という方法をとったと思われます。

オリジナルの生殖細胞または体細胞を未受精卵に移植することで、クローンを作る方法らしいです。

ビッグボスは生殖機能を失っているので、体細胞核移植を行った物かと。

その後、胚分割を…

…と、難しい話になってくるので…ざっくり言うとビッグボスの細胞と日本人の卵子を使ってEVAが産んだということですねww

僕も調べただけなので、あまり詳しくなく深い話は「?」です

そして、この後ソリダスが生まれるわけですが…

ここからが考察です(やっとw)

・包帯男=ソリダス説

・メタルギアを超える兵器=ソリダス説

この説で不可解な点として言えることが、

実年齢 双子>ソリダス

なのに対し

見た目(体年齢?) 双子<ソリダス

であるということです。

(僕の中でイーライはほぼリキッドで確定しているので、MGSV時の双子の見た目はイーライ基準です)

そもそもソリダスが双子の何年後に生まれたかが、定かではないので何とも言えませんが、

ソリダスの方が双子よりも老化が早いので、途中で双子の成長を抜くということはあります。

その成長速度がどのくらいなのか?そして、精神的な成長具合はどうなるのか?

双子についてはソリッドは幼い頃遊園地に遊びに行ったりする子どもだったと小説には書いてありました。

そうすると、精神的な成長は通常の人間と同じということになります。「双子に関しては」

僕の考察で書いたメタルギアを超える兵器=ソリダス説を基準にすると、コメントでも頂きましたが

ソリダスは1984年頃の生まれになります。

そうなると、2009年のMGS2プラント編の時に25歳。

2005年のシャドーモセス島事件時には21歳で大統領ということになります…。

愛国者達の工作で…とこじ付けることも出来なくもないですが、少し厳しいような気もします…。

そんなに老化早いのか?というのも…

これは20代じゃないねwww

と、ここまで考えてみましたが、今一度クローンという言葉に戻ってみましょう。

クローンと聞いて思いつくこと、もう僕はスネークしか出てきませんがww

小島監督は映画好きです。

映画、クローン…

クローン兵…

スターウォーズ!

そう、この考えをスターウォーズから引用したとしたら?

スターウォーズではエピソード2でクローン兵の描写がありました。

ちょっと過去作品でクローン兵の話があったかは覚えていませんが…

エピソード2の公開が2002年。

MGS4が発売が2008年。

ソリダスのクローンとして生まれた話がスターウォーズのエピソード2に影響を受けているとしたら、時期的にピッタリではないでしょうか?

ゲノム兵のデザインもスターウォーズが元だったら面白いなw

白くて似てるしwwww

何を言いたいかというと、

ソリダスは生まれた時からあの姿、もしくは少し若いくらいの男性の姿だったんじゃないか?

ということです。

スターウォーズのクローン兵はオリジナルと同じ姿でした。

つまり、ほとんどコピペ状態ですww

(どうやって作られたとかは忘れてしまいましたが…)

あれが元になって「ソリダスはビッグボスの完全なるクローン」という設定が作られたとしたら、ソリダスは生まれた時点で子どもではなく、大人の身体だったということになります。

精神的な年齢も見た目と同じ様になるでしょう。

ただ、記憶についてはどうかは分かりません。愛国者達の記憶操作とでもしておきましょうかww

この考えであれば、イシュマエルの説もメタルギアを超える兵器説も辻褄が合わせられそうです。

個人的にはイシュマエルがソリダスという読者さんの説を推していきたいww

ただ、スターウォーズに関してあまり詳しくないので、間違っていたら申し訳ありません。

そして、MGS1の時からソリダスの生まれに関して決まっていたとしたら元にしたもの等が変わってきますね…。

スターウォーズのクローン兵のイメージで考えたとしても、そうでないにしても個人的には生まれた時にすでに40代というのはあるんじゃないかと思います。

「ソリダスはビッグボスの完全なるクローン」という言葉と、MGS2でオセロット(リキッド)が言っていた。

「50代後半のビッグボスの体細胞を使ったんだ!生まれた時から既に老いている!」

というセリフ。

(50代後半と言っていますが、これについては監督がMGS3との年齢が合わないことに対して、間違いですとコメントされていました。ファンとしてはリキッドの勘違いとして片付けてしまいますがwww)

この点からイシュマエル=ソリダスだとするとPW後。

僕の考察の説だとMGSV辺りでソリダスは生まれた(40代の姿で)のではないかと考えました。

そしてオリジナルであるビッグボスと会ったとなったらすごく気になるストーリーになりますよね!

例えば、イシュマエル説なら愛国者達によって作られたソリダスをオセロットがビッグボス側の仲間として引き入れた。

ソリダスはオリジナルのことを知るためにビッグボスを助けにいき憧れを抱いた。とか

(ただ、一点気になるのはイシュマエル説であったら過去にソリダスとオセロットは面識があるということになりそうなんです。

MGS1で既に顔見知りのようではありますが、呼び方が「あなた」だったり、MGS2での行動などを見ると少し矛盾しそうなところもあります)

MGSVで自分のクローンと出会うビッグボス、というのも面白そうですね!!

さて、今回はソリダスがMGSVに登場したら。という点に焦点を当てて考えてみました。

「何としてでもソリダスをMGSVに登場させたい!」

という執念を感じられたでしょうか?www

今回は少し長くなりましたがいかがでしたでしょう?

コメント欄やTwitterなどに少しずつですがメッセージを頂くことも多くなり、すごく嬉しいです☆

DMで質問等も受けるようになってきたので、考察&ストーリー紹介とは別に質問の内容に対して解説する記事も面白いかなと思っています!!

是非、「これ説明してほしい」等々ありましたらコメントまたはTwitterでメッセージを頂けたらと思います!

更新がだいぶ日にち空いてしまっていますが、まだまだ書いていきますので宜しくお願いします!!

POSTED COMMENT

  1. ハル より:

    Unknown
    両親が雷電を連れてリベリアから国外逃亡を図るために国境を渡ろうとした際に、当時そこで作戦を展開していたソリダスによって集中砲火を浴び取り除かれた

    これがソリダスが雷電の両親を殺害した理由ですが
    ソリダス誕生(1984)から雷電の両親(チコ&パス?)殺害までの期間が短いことからも

    ボスの細胞でボスに似せたおっさんの体を作って、ソリダスという大人の人格を移植、戦闘に関してはVR訓練的な物を受けたって感じになるんでしょうか。
    人格移植となると、まるでリキッド・オセロットのようだ。。。

  2. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    ハル様>
    早速コメントありがとうございます!!

    やはり、生まれた(創り出された)時からおっさんの見た目だったと思うんですよね…。
    ソリダスもまた少年兵だったという考え方も面白いですが…。

    人格移植、VRミッション…それらの技術もサイファーの作り出したものなのでしょうか…。
    まさか、オセロットはソリダスの人格移植を見てリキッドオセロットになる方法を思いついたとかでしょうか!?
    ちょっと無理やり繋げたくなりますねww

  3. ゼオネスト より:

    今回も面白い考察を感謝します(^∇^)
    またまた面白い考察を
    有難う御座います!\(^o^)/

    蛇たちの中でソリダスが
    一番謎を残していると思うんですよね。

    それと老化が早くても精神年齢が
    子供だったら、見た目との
    差異もあるでしょうし。

    やはり、誕生した時から、
    ある程度は大人だったと
    言う考えがしっくりくるんですよね。

    精神的な部分も早急に
    成長させれるものがあれば
    話は別なのですが(笑)

    それと、イシュマエルの
    声がキーファーだと言う噂が
    流れていますよね?

    そこで思ったのは、
    MGS2でソリッド、ソリダスの
    声を当てていたのは大塚明夫氏です。
    (サブスタンスでは別声優でしたが。)

    それを考えると、
    ビッグボス(スネーク)と
    イシュマエル(ソリダス)の声が
    共通していてもおかしくないんじゃ
    無いかな?と思いました(^∇^)

    最後に、
    次回も考察があれば
    是非お知らせお願いします!\(^o^)/

    今回も有難うございました!

  4. tecchy28 より:

    Re:今回も面白い考察を感謝します(^∇^)
    ゼオネスト様>
    こちらこそ、毎回お読み頂いて感謝感謝です!!

    そうなんです!
    ソリダスに関しては4までやっても詳しくは過去が語られていない…故に今回の肝になるのではないかと思ってます。

    精神を急激に成長させたために、オリジナルに比べ残酷な正確になった。と無理矢理後付けもできそうですが、やはり無理がありますよねwww

    確かに!スネークがフォックス説のところであった声がキーファーの噂をそう取りましたか!!!
    そう考えると、ありそうですね!!!

    楽しんで頂けてとても嬉しいです☆
    まだまだ書いて行くつもりですが、まだTGSなども控えてますので、新たな情報が入ればもっと幅を広げて書いていけそうです☆
    是非また読んで頂けたら嬉しいです(^^)

  5. あると より:

    1
    ビックボスの前で包帯で隠すのも完全なクローンで顔が同じだから…?

  6. h より:

    Unknown
    おじゃまします

    今回の考察はおもしろいですねw

    ソリダスが主人公だと色々おもしろいです

    しかし本当にソリダスがスネークだと 生まれて数年で戦場に出て 20代の若さで自我の理念に進み 死んでしまう
    考えようによっては 一番せつない蛇かもしれませんね

  7. 月若丸 より:

    Unknown
    初めまして
    考察楽しく拝読させていただきました。

    今回のクローンの件(SW絡み)で気になったのですが
    確かにクローン兵はジャンゴ・フェットの遺伝子で作られていますが、通常の半分で成人に達する・自我を弱めて指示に従わせる等の遺伝子操作が行われてたはず。
    唯一ボバ・フェットのみ、そういう遺伝子操作をせずにもらったのでEP2時子供だった。

    つまり、ソリダスも生まれた時からオジサン容姿って事は考えにくいかなぁ…と。
    ソリッドも急速な老化等があったわけだからソリダスの急速な成長も十分あると思います。

    また、大統領になったのはあくまでもジョージ・シアーズとしてなので、経歴はもちろん年齢も詐称しているはず。
    とすればショドーモセス時に21歳だったとしても大統領(表の顔)としては30台後半~40台として振る舞ってると思いますよ。

  8. 月若丸 より:

    間違えちゃった
    ×ショドーモセス→○シャドーモセス
    分かるとは思いますが(^^;

  9. tecchy28 より:

    Re:1
    あると様 >コメントをありがとうございます!!
    そうではないかなぁ…と睨んでいるのですが…。
    ネットだと、ビッグボスに整形したフォックスではないかとも言われてますが…。
    何か絶対理由があるはずなんです!!!

  10. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    h様>いつもありがとうございます!!
    楽しんでいただけました?www

    そうですね…愛国者達に作られ、管理され、最後まで手の中で転がされていた。
    一番可哀想な蛇かもしれません…。ー

  11. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    月若丸様>コメントありがとうございます!!
    お読みいただいて嬉しいです!

    お、おぉ…詳しくありがとうございます!スターウォーズは調べたんですが、しっかりとしたことgs出てこなくて…助かります!!
    なるほど、それでボバ・フェットは子供だったのですね!
    その遺伝子操作はメタルギアにも似たようなネタとして使われてるような気もしますねw

    そうですね!
    双子よりも老化も早かったわけですし!
    やはり、内部…精神的な部分も操作されていたとすれば、大統領として振る舞うこともできたかもしれませんね。

  12. OGU より:

    Unknown
    自分の妄想を気にいって頂き、ありがとうございます!

    個人的な妄想はこうなんですよ。

    ①ソリダスが愛国者たちの手で生み出される。
     (イメージは培養液の中でプカプカ浮いてるイメージです。
     その中で成長を促進させているのかなーと。
      同時に一般常識や、ボスに関しての知識を身に着けます)

    ②いろいろ学ぶうち、自らのアイデンティティに疑問を持ち、
    自分のオリジナルであるビッグボスに会うべく脱出を試みる。

    ③病院にてビッグボスと対面するも、XOF.たちに襲撃され、共に脱出。

    ④ソリダスだけつかまり、XOF.に連れ戻される。

    ⑤捕まるも、最終決戦などディープスロート的立場でボスたちを援護

    ⑥ボスに感銘を受け、その後ボスの影武者として暗躍

    みたいな。

    なんかこのシリーズ、老化現象くらいはどうにかしてしまいそうなんで、思い切って。笑

  13. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    OGU様>また見ていただいてありがとうございます!!
    凄くなる個人的に気に入ったので記事内で勝手に掘り下げちゃいましたww

    創り出される所は僕も同じ意見でしたw
    培養液でゴポゴポ言ってる感じですねw

    なるほど、それだと病院襲撃の時にはいてその後の映像に(トレーラー上ですが)出てこない理由もわかりますね。
    愛国者達に連れ戻されたと…。
    オセロットとは別にビッグボスを助けようとしていたと考えれば、MGS2での二人の絡みにも納得できそうです。
    やはりソリダスはビッグボスを近くで見ていて、憧れを抱いた。だからビッグボスになりたがった…これはドラマの匂いがしますね!!

    僕も個人的には老化スピードの下りは何ともなる気がしますww
    いざとなったらナノマシンという便利な物もありますしw

    また是非ご意見やお考えがあれば聞かせてください☆

  14. h より:

    Unknown
    おじゃまします

    ニコ動でMGSV関連の動画を見ていて Vのスネークに対して 「これ○○じゃね?」というコメントに対して「いや違うよ○○には、顔の傷なかったじゃねえかw」的なコメントを見て  ハッとしまして 是非独自の考察をきかせていただきたく 参上しましたw

    というのも 顔の傷に関しては(後のフォックスでもソリダスでも構いませんが)外科手術でなんとかなるとおもいますが・・・
    問題は目です!
    フォックス説にしてもソリダス説にしても その後のふたりは両の目がちゃんとあります

    これってシンプルに4のようなソリッドアイ的なアイパッチって解釈でいいんですかねw?

    まあもともとオーバーテクノロジーの世界観なので考えにくくはないですが
    そうなると、なぜ1・2の時にソリッドアイ使わなかったの?と ちょっとつっこみたくなりますw

    後付けが基本なのは重々理解してますが これだけの作品なので なるべく 納得いくストーリーになってほしいですね

  15. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    h様>コメントありがとうございます!!

    海外ファンの考察だとMGSVスネークの眼帯はソリッドアイじゃないか?と解説されていました。
    仮にあれがソリッドアイ的な物をだとしたら、hさんの仰る通り後の話でソリッドや雷電が使わなかったのもおかしくなりますねw

    無理やり解釈するとすれば、「愛国者達の技術だから?」とそのくらいしか思いつきません。
    もしくは研究開発班の努力の賜物か…www

    でも、オタコンが愛国者達の技術を応用して後にソリッドアイを作ったとしても時間がかかりすぎですよね…。
    そんな技術があればオタコンほどの人間が食いつかないはずありませんし…。
    MGS2でソリダスが使っていても不思議じゃない。
    少し納得の行きづらい感じになってしまいますwww

    もしかしたら、そこも監督は納得いくように話を合わせてくれるかもしれませんが☆

  16. Unknown より:

    Unknown
    始めまして。今回初めて閲覧させていただきましたが、とても面白い考察ですね!見てるだけでワクワクしてきます!
    ソリダスが今度は味方として登場!?・・・一見とても突拍子の無い考察に見えますが、小島監督ならやりかねない!・・・かな?(笑)私自身MGSが一番好きなので、ソリダス再登場やパス&チコが雷電の親説もすごく興奮しますwww

    ただ、小島監督なら「Phantom Pain」というタイトルにもストーリーに大きく関わる何らかの意味、メッセージを込めていると思うのですが、一体何だろう?気になります。・・・私にはサッパリ!

  17. Unknown より:

    Unknown
    ↑間違えました!一番好きなのはMGS2です!すみませんwww

    更新、まってまーす(MGS2も)

  18. tecchy28 より:

    Unknown
    Unknown様>お読みいただいてありがとうございます!!!
    お返事が遅れてしまいました・・・。

    楽しんでいただけたようで嬉しいです☆
    僕もMGS2はメタルギアサーガのポイントになる作品なので、繋がっていてほしいです!

    失った腕が痛い。失った何かが痛む。ということを仰っていましたが、ほかにも意味はありそうですね!
    TGSにて何か明らかになるかなと期待しています!!

    更新がすごく遅くなっていますが、頑張って更新します!
    楽しみにしていてください☆

  19. Unknown より:

    Unknown
    包帯男がソリダス説は十分ありそうですね。50代後半は間違いにしても、昏睡状態のビッグボスの体細胞からクローンを作ってビッグボスが健在であることをアピールorもしボスが意識を戻さなかった場合の保険をかけるためだとすれば辻褄が合いますし、病院から逃走したあとオセロット、スネークと共に逃げてなかった訳として考えられる、オセロットに見捨てられた説も本物が復活したから用無しってことなら十分合点がいくと思います。

    読みにくい長文失礼しました。

  20. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    Unknown様>コメントありがとうございます!!
    なるほど、ビッグボスの保険ですか!

    恐るべき~とは別で創られたということもありますし、保険として完全なるコピーとして創られた可能性はたかそうですね☆
    興味深いご意見ありがとうございます!!

  21. Unknown より:

    Unknown
    ソリダスはビッグボスの影武者

  22. 幻肢痛の被害者 より:

    影武者
    ソリダスではなくメディックというポッと出の兵士が影武者でしたね・・・
    TPPは凄く残念な結果だった

Unknown へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA