MGSV考察

MGSV 考察 その6「DDからMGへの繋がりは」【旧記事】


その5からの続きです。
考察は一旦これで終わる予定です。

ただ書いているうちに気づいたことや、自分で読み返して「これ違うな…」と思ったこと。
それらをまた違う記事として書いてみたいと思います。

それに皆さんからのコメントで「こんな考えもあるか!」と思ったことも沢山ありましたので、自分の考察とは別に掘り下げてみるのも面白いかと思います。

では考察その6書いていきます。
今更ではありますが、ピースウォーカーのネタバレ等を含みますので、未プレイの方はお気を付けください。
流れは大幅あっているかとは思いますが、細かいところは僕の想像です。

オセロットに助け出されたスネークはカズの救出作戦へ。場所はアフガニスタン。

カズを見つけたスネーク。
右手、左足を切断されているため担いで脱出。

マザーベースへ連れ帰り、そしてサイファーへの復讐を誓う。

マザーベースは襲撃時にだいぶダメージを受けたと思いましたが、再建したのでしょうか?

ヘリポートのシーンで後ろのクレーンもありますし、修復したのか?
まぁ、9年も間があけば当たり前かww

この9年間で他のキャラ達がどうなっているのか?が気になりますよね。
スネーク、カズ、オセロット、ヒューイ、は出ていますが、ストラブ、セシール、アマンダ等々はまだ出ていません。

チコとパスは腸のシーンで出ていますから、あのシーンがGZのシーンなのかTPPのシーンなのかによりますね。
前作であるPWで敵味方のデザインである仕掛けがされていました。

味方は黄色、敵は赤が施されていると分けられていましたが、当時から気になっていることがありまして。
考察とあまり関係ないんですがw

セシールだけ持ち物や服に黄色が明確に使われてないような気がするんですよね。

まぁ、金のネックレスもしてるし髪型も金髪なので黄色っちゃ黄色なんですが…。
カズやアマンダなどストールが黄色だったり、ネームプレートが黄色だったりとデザイン的にどこか黄色を入れられるはずなのに、入っていないのが敢えて使ってないように感じるんです。


正直いうとセシールってそんなにストーリーに重要に絡んできたわけでもないので、何かあるんじゃないかな?と気になっています。
PWの次の作品で何かさせる伏線か?と

たまたま紛れ込んでた一般人としてユーモア担当のキャラかもしれないですがww

好きなキャラなのでまた出てきて欲しいという気持ちがあるだけですがww
明確に黄色(味方)ではない、ということは何か裏があるとかかなぁと妄想していますwww

話がずれましたが、まだトレイラーが出るはずなのでそこで他のキャラがどうなっているかでまた考えていきましょう。

話を戻します。
ここからダイヤモンドドッグズを設立して活動をしていくことになるようですが、アフリカの少年兵?らしき映像があるのでアフリカへ潜入することになりそうです。
トレイラーの最期でサイファーがアフリカで研究を…と言っていることから、サイファーの施設へ潜入することになるのかと思います。

サイファーの拠点を突き止めたスネーク達ダイヤモンドドッグズはアフリカへ渡り、サイファーの施設へ。
そこは要塞のような施設になっており、研究内容はビッグボスの完全なクローンを生み出すこと。

サイファーへの復讐の為カズはダイヤモンドドッグズ司令官へ(服装から想像)
オセロットも加わり、更に人員と武力を強化。

ヒューイへZEKEを上回る、メタルギアの開発を命ずるが「平和利用の為ではなく、復讐の為」に利用されるのが嫌だと主張。
結果拷問にかけられ、強要される。
ストラブがどうなっているかわかりませんが、そろそろ別れる時期かと思うのでこの辺が原因か?

スネークはアフリカの施設へ潜入。
そこで自分の新たなクローンが生み出されているのを発見。

施設を破壊。
しかしゼロはビッグボスのクローン(ソリダス)と共に行方をくらます。

スネーク制圧したサイファーの施設を拠点に武装国家アウターヘブンを設立。
しかし、表向きはビッグボスが設立したことは伏せ、ビッグボスはFOXHOUNDを設立する。(FOXHOUNDは米軍の特殊部隊だったような気がしますが、その辺りはどうなっているのか…。)

設立にあたり、サンヒエロニモ半島で出会ったロイ・キャンベルに声を掛ける。
地域紛争やテロ行為への専用部隊として、アメリカへ雇われることになる?

キャンベルは説得上手なキャラですから、上手く軍へ交渉したのでしょう。
問題は世界中から狙われているビッグボスと何故組む気になったのか?ですが…。

ただ昔のよしみなのか、何か考えがあったのか…。

総司令官ビッグボス、副司令官ロイ・キャンベル、そして部隊の育成役としてカズヒラ・ミラー。
FOXHOUND前身のMSFを作り上げたことから教官になった?

表向きはアメリカの特殊部隊の司令官として動き、裏でアウターヘブンを動かすビッグボスとカズ。
そして、メタルギア1へ続いていく。

このような感じでしょうか?
内容が薄くなってしまったような気がしますが、補完等あれば後々書いていくことにします。

また新たな内容はTGSで明らかになるはずですので、楽しみに待っていましょう!

では、一応これで僕の考察を終えたいと思います。

またご意見がある方はコメントにていただけると嬉しいです!
違う角度からの考えを頂けると、自分の気づいていないことが発見でき、更に楽しくなりますのでww

それでは、その1から読んでいただいた方もそうでない方も長々とお付き合い頂きありがとうございました!!

カチャカチャカチャ…
プルルルル…プルル…ガチャッ

「私です…。

はい、先ほど終了しました。

…えぇ。はい。

文章力が…そうです。その為に時間が掛かったようです。

…申し訳ありません。

いえ、誤字脱字に関しては後から例のウィルスで修正ができます。

えぇ…はい。

…それはどういった?

…コメント…Twitter…

なるほど…それは…

それがあればMGSV考察を再建できます。

わかりました。これからも更新を続けます。

はい。

では、また。

失礼します。」

ガチャ…

※考察とは一切関係ありませんw
やってみたかっただけですww

POSTED COMMENT

  1. Unknown より:

    Unknown
    PWの盗聴テープ聞き直して見たら、「アンゴラ」とか「AIは情報処理に特化させるべき」とか「(ビッグボス・MSFに関して)彼ら(CIA?)は様子を見ている」といった気になる発言がいくつかありましたね。
    あと、マザーベース襲撃の時にジークはどうしてたのか、敵の戦力・攻めかたとか気になりますね。

  2. ハル より:

    Unknown
    ロイは出るんですかねー?
    出てほしいですが。。。
    MG1にはロイ出てないですし、どうでしょうね

    とりあえずVでロイと合流
    その後、FOXHOUNDを装ったアウターヘヴンで世界の軍事均衡を揺るがす兵器(メタルギア)の開発・量産に着手したことでロイと意見が対立
    ロイはアウターヘヴンの存在を公にし、FOXHOUNDとしてスネークらと分離
    って感じですかね?

    これだとMG1にロイが出てなってのはおかしいですが
    分離時にスネークらと武力衝突、大怪我をおってMG1時は療養中だった
    またはスネークらに勝てずアウターヘヴンに拘留されてたか
    なんとでも理由はつけれるでしょうがね

    あと、ここまで書いといてなんですが、PWの時点でゼロとは対立してる訳ですし、ゼロの意思を継いだ部隊の名を使いますかね?

    だとすればダイアモンド・ドッグスがアウターヘブンを隠す傭兵派遣会社的なものであると考えた方が。。。

    無いか。。。

  3. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    Unknown様>
    コメントありがとうございます!

    確かに…そんなワードを話していましたね!
    考察なんてしているのにそれを聴き直してないとは、お恥ずかしいです…。
    もう一度聞き直してみるとヒントが得られるかもしれませんね!

    ZEKEは気になりますね…。
    MSFもだいぶ大きくなって強力な部隊なはずですから、それを上回る戦力となると相当な軍隊ですね。

  4. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    ハル様>
    ロイはどうなんでしょうね…MPO後のビッグボスとの関係も謎ですし…。
    話を合わせようとすればそんな感じになりますね。

    MG1に出ていないのはアウターヘヴンには関係していないのか、ロイ自身がビッグボスがアウターヘヴンに関与していると知らなかったか…うーん。

    そこなんですよね。
    FOXHOUNDという部隊の総司令官にならなければいけないので、そこの理由付けが難しいです。
    ただ、未だにFOXのマークを付けているところもあるので、FOXHOUNDはまだ正式な部隊として存在していないという可能性はありませんかね?
    MPOはなかったことになっているのかどうなのか分かりませんが…。

  5. ハル より:

    Unknown
    いろいろネットで調べてみると
    tecchy28が言うようにロイはビッグボスがアウターヘヴンを創ったってことをアウターヘブン蜂起まで知らなかった可能性がありますね

    80年代に傭兵派遣会社としてアウターヘヴンを創設(自分が創設者だということは伏せて)した10年後、ビッグボスはFOXHOUNに総司令官として復帰します
    すぐ後にロイも副司令官として入隊

    復帰したわけですから、たぶんOPSの後にFOXHOUNは正式に組織され、なにかしらの理由でビッグボスらはすぐに除隊、その後もFOXHOUNは存在していたと思われます

    FOXHOUNに復帰したのは、アウターヘヴンがMSF、DDから移行した会社・組織であるとバレた場合に自らが創設に関わっていないことを証明するため、そして周りの目が自分に向いている間にアウターヘヴンを独立武装国家として完成させるためか?

    でもなぜ敵対している組織(愛国者達)の傘下であるFOXHOUNに戻ることが出来たんでしょうね
    協力者がいたのか(オセロット?)
    単にゼロが「戻ってきてくれた」と勘違いしちゃったのか

    80年代にはフランク・イェーガーと再会し、ナオミ・ハンターも保護しますし、この二名が登場するかもですね

  6. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    ハル様>
    いつもコメントありがとうございます。

    やはりそうでないと辻褄が合わなさそうですよね…。
    知っていてFOXHOUNDの副司令官としてビッグボスの下についていたのなら、ソリッドから見たら敵になってしまうわけですし…。

    FOXHOUNDはOPSの後に創設されたということになっていますよね、除隊したのがゼロとの決別と同時となったら復帰出来た理由がわかりませんよね。
    FOXHOUNDを管理していたのが誰かということになりますが、FOXHOUNDがゼロ以外の管理下にあったとは考えられないですかね?

    サイファーは非正規の組織のようですから、ゼロは裏表の顔を持って活動していたのかどうか…。
    表の顔としてFOXHOUND(正規の軍隊)の指揮官として活動していたと思うのですが…。

    水面下でアウターヘヴンの計画を動かしていたのであれば偽装工作としてFOXHOUNDに復帰したと思います。
    あくまでも目的はアウターヘヴン蜂起ですから。

    そこですよね…そこだけどうしても上手く辻褄が合わせられない…。
    恐らくオセロットの活躍があるかとは思いますが…愛国者達側の人間として活動しているはずですもんね。

    そうですね。
    フランクは出るはずですよね。MGではビッグボス側の人間ですし。ナオミも面識があったはずですから登場するはずですね。
    楽しみです。

  7. ふぉっくす より:

    ゼロの意思
    いつも拝見して感心しております。
    未熟者ながら投稿します。

    OPSは正史とは見ない考察です。
    長文です。

    ザ•ボスは祖国に忠を尽くして死んだ人です。
    「FOX」とは元々、ビックボスとゼロのこと。
    すなわちアメリカ(祖国)の命令を遂行した組織。
    ザ・ボスはFOXの任務に協力し、ビックボスに「私を倒しなさい」と、
    FOXの任務を最後まで支えた人間でした。
    それを前提に述べると・・・

    ゼロとビックボスはザ・ボスの意思を継ぐためにFOXをもとに「愛国者達」を結成。
    ビックボスは一旦は参加するが、ザ・ボスの意思の解釈の違いにより脱退。
    FOX、正式に解体。
    ゼロ、ソリッドとリキッドの”子供達”を作り、ビックボスの補完とする。
    ビックボスはこれを知り対抗心を抱き、ゼロと対立する。
    ゼロはその発言力を高め、アメリカの諜報機関として「サイファー」を創設。
    ビックボス、独自の軍隊「MSF」を結成。(PW)
    ゼロ、サイファーにMSFに対するスパイ活動を命令する。諜報員はパス。(PW)
    ゼロ、パスの情報とピースウォーカー事件によりMSFの軍事力を知り、ビックボスを再び愛国者に誘うがこれを拒否される。
    ビックボスはザ・ボスが支えた「FOX」に固執する。(GZの潜入時にスネークが付けているFOXのワッペンがその意味)

    ゼロ、「FOX=ビックボス」と解釈し、ビックボスの意思を潰す部隊「FOXに反対する」部隊として「XOF」を創設。(反ビックボス組織)
    (愛国者達(サイファー)はビックボスを偶像としているので、ビックボスを潰すという部隊「XOF」の存在を世界に知られてはいけない。
    しかしアメリカの正規の諜報部隊として活動するためGZの「XOF」マークを消すシーンになる。)司令官はスカルフェイス。
    ビックボス、サイファーの情報を探るためパスを救出してその情報を掴もうと潜入する。
    ゼロ、強い発言力を行使して国連から核査察を派遣させる。同時に「XOF」に「MSF」の襲撃を指示(GZの襲撃シーン)。
    MSF壊滅。
    ビックボスはチコ、パス、カズら数名の生き残りと脱出。
    しかし、パスの爆弾が爆発してヘリが墜落。ビックボスは致命的な重傷を負う。
    複数名のMSF隊員も脱出に成功し、核査察に対し事前に隠蔽していた戦力と合流。
    ヒューイ(メタルギアの開発)、メタルギア研究を強要されサイファーに協力。チコはサイファーに捕まる。
    ビックボスは昏睡状態に。。。。
    オセロット、ビックボスを救うためゼロにビックボスを利用するように持ちかける。
    昏睡状態のビックボスだが、事実上ゼロに捕まったことになる。
    回復したカズだが、サイファーとはビジネス関係のため捕まらず、しかし行動は監視されることに。
    カズ、MSF襲撃によりサイファーに対抗心を抱く。
    カズは仲間の死に復讐を誓い、”打倒サイファー”という理念を持つ。
    カズは合流した「MSF」を率いて「XOF」と戦う。
    ゼロ、オセロットの助言によりビックボスを利用し、純粋なクローンを新たなビックボスとするため、ソリダス・スネークを生み出す。

    ゼロ、XOFを前身とした特殊部隊「FOXHOUND」を組織。
    「FOXHOUND」は米陸軍の正式な組織となる。(FOX=ビックボス)を(HOUND=狩る)=FOXHOUND
    XOFに捕まるカズ。だが、捕まる前にオセロットにある任務を要請する。

    ここまでがGZから9年間の話。

    ビックボス覚醒。(ここからがTPP)
    オセロット、ビックボスを救うためソリダス(包帯男)とともに脱出させようとするが(TPP最初のシーン)、そこにFOXHOUNDが
    ビックボスとソリダスを回収するため病院を襲撃する。
    ソリダスは愛国者に保護され、以後愛国者に利用される。
    オセロット、ビックボスを救出。
    カズ、ビックボスの覚醒を知り、再びボス名誉を取り戻すため自らの救出をMSFを通じてオセロットに依頼する。
    ビックボス、カズを救出。
    ここからビックボスは「打倒愛国者、打倒ゼロ」という思想になる。
    ビックボスとカズ、アフリカに「ダイヤモンドドックス」なる表向きは傭兵派遣会社となる反愛国者組織を設立。
    ダイヤモンド戦争に介入して資源や資金、傭兵の獲得に動く。
    その総司令にはビックボス、副司令カズ。
    80年代後半「ダイヤモンドドッグス」は正式に国家を建国し名を「アウターへブン」とする。
    しかし、強大になったゼロには勝てないため、ゼロに対する諜報を兼ねてアメリカに帰属するふりをする。(ビックボスCIA帰還)
    ゼロに服従するふりを見せ、FOXHOUND司令官に就任。
    ビックボスはこれで、敵対する組織を掌握する。
    95年、アウターへブン蜂起。
    ビックボス、自らのクローンであるソリッドスネークを派遣、任務と称して保護し、仲間に引き入れようとする。
    カズもそれをサポートするため、表向きは教官として、裏ではアウターへブンの副司令として暗躍。
    しかし、ゼロの工作によりスネークはアウターへブンを陥落させる。(MG1)
    ビックボスは自ら正体を表して、愛国者に宣戦布告するがスネークに敗北。
    計画は失敗するが、ザンジバーランドにて再び蜂起。
    これもゼロの工作によりスネークによって敗北する。(MG2)

    ビックボスは愛国者達に負け、幽閉される。
    リキッドスネーク、ビックボスの意思を継ぐためにFOXHOUNDを率いてシャドーモセスにて蜂起。(MGS1)
    これもゼロによる工作で崩壊。
    これにより、ソリダスでは無くソリッドスネークがビックボスに変わる偶像として確立した。
    ソリダスは愛国者に捨て駒として利用されたが、自由を目指してアーセナルギアにて愛国者に対し蜂起。(MGS2)
    これも失敗し、いよいよオセロット自身が愛国者の崩壊を目指して武装蜂起する。(MGS4)
    スネークを逆に利用して、システム化した愛国者は崩壊。

    ビックボスの意思は5回の戦いを経て勝利を手に入れたが、その考えもザ・ボスの意思とは違ったことに気づく。
    結局はソリッドスネークこそ、ザ・ボスの意思を実現させた者であることを知り、それを労いながらビックボスはこの世を去る。

    いかがでしょうか?

  8. tecchy28 より:

    Re:ゼロの意思
    ふぉっくす様>コメントありがとうございます!!
    いつもお読みいただいているようで嬉しいです!!

    読ませていただきました。
    凄く自然に話が繋がっていて素晴らしいと思います!!

    個人的に気になるところはヒューイとビッグボスがFOXHOUND司令官になる理由ですね。

    ヒューイはGZのマザーベース襲撃時に脱出出来たのか、それともXOFに拉致されたのか。
    XOFに拉致されたのであればメタルギアの開発をさせられると思うのですが、GZでのテープを聞くとXOF=サイファーというのが少し変わってくるように感じました。
    元々はXOFはサイファーの部隊であると思うのですが、スカルフェイスがサイファーへの反乱を企んでいそうでしたよね。
    愛国者達に対するオセロットのように。
    なので、ヒューイをやすやすとサイファーに渡すかなとも思いました。

    ビッグボスの司令官になった理由も偽装というのが僕も有力だと思います。
    ただ何かしっくりこないというか…もっと深い理由がありそうな気もしますww
    その辺りもTPPで分かるといいですね!!

  9. Unknown より:

    Unknown
    凄い考察ですね、脱帽です。
    もうこれが、ストーリーのような気がしてきました。

  10. tecchy28 より:

    Re:Unknown
    Unknown様>コメントありがとうございます!!
    いやいやw嬉しい限りですがあくまでMGS好きの妄想ですよw

  11. DAISY より:

    コメント失礼します
    ここまで読んでどうしても?な部分があったので失礼します
    FOXHOUNDはOPSの時に作られたと記憶していたのでTPP後に作られるのは?と思いました
    自分の記憶違いかもしれませんがいかがでしょうか

  12. tecchy28 より:

    Re:コメント失礼します
    DAISY様>古い記事からお読みいただいて嬉しいです!!

    OPSでFOXHOUNDが作られたのはその通りです。
    ただ、OPSが正史ではない?という話もあったりしたので、OPSをグレーゾーンとした考えで前後と話が繋がるにはどうなるかな?というのでこういった考察を書いてみました。
    PWでもFOXHOUNDが出てこなかったのもあったので、こういった考察になりましたが違和感が生まれる方もいらっしゃると思いますσ(^_^;)

  13. 通りすがりのネズミ より:

    ビッグボス視点で
    考察読ませていただきました。
    TPPの発売待ち遠しいですね。

    自分のPVなどを見ての考察
    GZのラストでスカルフェイスがゼロの居場所を探している辺り、スカルフェイスがゼロに何らかの恨みが有ったのかと思います。

    ゼロへの復讐を果たす為、スカルフェイスは自ら手を汚さず、愛国者達を離れているビッグボス達を利用したかった。

    しかし、ビックボス自身、アメリカを敵にする事を恐れていて、PWやZEKEの件があっても、一線(ゼロとの戦争)を超える事は望んでいなかった。

    そこで、スカルフェイス指揮下のXOFが独断でマザーベース襲撃を行ったのでは無いかと自分は思います。ただ、査察自体がパス経由で核所有が漏れた為、サイファーによる襲撃と刷り込まれたビッグボスとカズ。

    状況的に復讐の矛先はサイファーに自然と向けられると思います。

    ただ、基地襲撃までにスカルフェイスがチコと接触している為、チコを通じて、襲撃者がばれる恐れがあったので、チコを監禁する。

    9年後、イギリス領の病院で目覚めるビッグボス。恐らく、ゼロが襲撃を知り、意識不明のビッグボスを保護したのでは無いかと思います。MG2後でも脳死体のビッグボスをナノマシンを使い幽閉するほどなので、ゼロ自身はビッグボスの事をまだ、友人と思い、XOFから、かくまっ
    たのだと思います。しかし、そこにXOFが襲撃。「死」から生還しても、ビッグボスはサイファーから恨まれていると思い込み、サイファーへの憎悪を深め、遂にサイファーとの戦争を決意します。

    サイファーと戦い、世界中で傭兵ビジネスを行う中、スカルフェイスがD.Dに近寄り、新型メタルギア?を見せ(2014PVでビッグボスとスカルフェイスが共に車から降りた理由)その決断をビッグボスに迫り、決意させる。アメリカを直接核攻撃するという土壇場でスカルフェイスに囚われていたチコが、死に掛かった状態で見つかる(2014PV終盤の袋に入った人物)真相を知り、スカルフェイスに騙されていたスネークは一人、核攻撃を止め、スカルフェイスを倒そうとするも、復讐心を植えつけられた仲間に止めに入られ、仕方が無く、仲間を撃つ(2014PVラストの仲間撃ち)

    スカルフェイスを止め、アメリカへの核攻撃は阻止できたが、何かしらの理由で
    アフリカで核が爆散、全てが終わった時、地獄と化したアフリカを、ビッグボスはアウターヘヴンと名付け、このような悲劇を生んだ、サイファーを滅ぼそうと決意する。

    と私は想像しています。ビッグボス視点で考察を考えてみましたが、MGSのストーリで主人公は誰かに騙されたり、利用されたりという結末が多いので、今回はスカルフェイスが黒幕だと思います。
    小島監督がゲームのタブーに挑むといった辺り、「核を撃つ」をいう事が反核を一つのテーマとしているメタルギアシリーズのタブーでは無いかと思います。

    長文すみませんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA